JA人づくり研究会

トップページ > お知らせ > JA人づくり研究会 第27回研究会 開催要領

お知らせ

JA人づくり研究会 第27回研究会 開催要領

2016.10.25

 

1.開催日
平成28年12月13日(火)午前10時半〜午後5時半

2.開催場所
東京都千代田区内神田1-1-12コープビル 6階 第2会議室


3.今回の研究テーマ 

「JA改革のための次世代を担う人材育成をいかに進めるか」  

 -地域リーダーづくりを中心に-

 この研究会はJA役員による自主的な学びの場として論議を深めて来た。

 協同組合は「組合員による組織」であるという原点を踏まえ、真の意味で「JA改革」を行うために、今何が必要なのかを改めて問うこととする。

 JAにおける『人づくり』は、個々の組合員、組合員組織、地域=コミュニティー=組織、さらに職員・役員まで幅広く、それぞれの内容には一概・一律的に答えを見出すことができない深さがあることは言うまでもない。

 それぞれのJAは、その特徴をどう活かし、何にどう取り組むべきかを考え、それぞれの地域や農業の実態と特性に応じた自主的・主体的な取り組みをするヒントを探りたい。

 総合事業を展開する組織の経営者として常に大所高所から将来のJAを見すえて望ましい路線を考える必要がある。

 この研究会を、役員相互のネットワークづくりの場として大いに活用していただきたい。


4.参加対象

 JA・連合会・中央会の常勤役員。参加するに際して、別紙「アンケート」に記入するとともに、参加申込を行うこと。 なお、JA・連合会・中央会の職員はオブザーバーとして参加できる。
(誠に恐縮ですが、会場の都合により定員35名とさせていただきます。定員をオーバーした場合は、常勤役員の方の参加を優先しますので、あらかじめご了承ください)。


5.参加費

 参加費は会員1万5千円、会員外2万円とする(宿泊は各自でご手配ください)。なお、1団体で複数参加する場合(オブザーバーも含む)は、2人目から1万円とする。参加費については「第27回研究会参加費」と明記し、下記口座に当日12月13日(水)までに振り込んでください。


 振込口座: 農林中央金庫 本店 普通預金
 口座番号: 5542760 JA人づくり研究会


6.入会について

 入会にあたっては、入会申し込み書をFAXまたはメールにて送付ください。なお、「JA人づくり研究会会費」は次の金額を入会時のみに、前記の口座に振り込んでください。


 普通会員:JA・連合会・中央会の常勤役員、参事 2万円


 特別会員:それ以外の団体、個人(大学教員・研究者・JAのOBなど) 1万円



参加申込書はこちら
 [Wordファイル][PDFファイル

第27回JA人づくり研究会プログラム

日 時: 平成28年12月13日(火) 10:30〜17:30
場 所: 東京都千代田区内神田1-1-12コープビル 6階 第2会議室
研究テーマ: 「JA改革のための次世代を担う人材育成をいかに進めるか」
 -地域リーダーづくりを中心に-

10:00 受付
10:30 開会・挨拶
10:50
「地域リーダーづくりについて、問題提起・解題・その実践」
JA甘楽富岡 理事 黒澤 賢治

「農家組合をいかに育て、リーダーならびにJA幹部育成をいかにしてきたか」
JAいわて花巻 副組合長 高橋 勉

「JA富里市の猛者たちをリーダーとするために、どう指導し共にどう学んできたか」
JA富里市 元常務理事 仲野 隆三 
12:30 昼食・休憩
13:30 参加者からの意見・相互討議そして意見交換
15:00 休憩
17:30 懇親会

(参考)

協同組合とは

  1. 協同組合は、組合員が協同の原理に基づいて自主的に連帯し、かつ組織的に活動することによって形成される。
  2. 協同組合は、組合員が自らの意識的・組織的な協同活動によって、共通の目的や課題を実現しようとする=運動体の性格を持つ。
  3. 協同組合は、組合員の目的や課題を実現するために、組合員の経済行為の一部を共同で営む継続的経済組織体=経営体の性格を持つ。
  4. 協同組合の本質は、特定された組合員によって組織され、組合員によって運営され、利用される(組織者=運営権者=利用者が一体)ことにある。

組合員組織の機能

  1. 協同組合運営に関する基本的意思形成機能。
    役員選出、事業方針、運営方法、事業内容、推進方法などについて意思形成を行う。
  2. 共同の事業活動を行う単位組織としての機能。

組合員組織の種類

  1. 伝統的な集落結合を単位とする農家組合、集落実行組合などの名称で呼ばれる組織で、JA運営上の基礎組織。
  2. 具体的な活動目的別組織。
    組合員の営農形態に組織された作目別生産者組織で、作目部会あるいは生産部会。
  3. 年齢別・性別組織。
    青年部や女性部。
  4. 年金友の会や共済友の会など。


Copyright © JA人づくり研究会