JA人づくり研究会

トップページ > お知らせ > JA人づくり研究会 平成29年度臨時総会・第29回研究会 開催要領

お知らせ

JA人づくり研究会 平成29年度臨時総会・第29回研究会 開催要領

2017.12.18

 

1.開催日
平成30年1月18日(木)午前10時30分〜午後5時30分

2.開催場所
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 27階 大会議室


3.趣旨

 政府による農協改革に対し、全国のJAで自己改革の取り組みが実践されている。その実践から見えてくることは、JAとして「為すべきことを為す」である。組合員と役職員が共に農業協同組合としてのあるべき姿を追求する原点回帰の姿勢が必要ではないか。


 JAは、農家組合員の農業経営の改善を図り、農業所得向上を実現し、ひいては、農地を守り、農業生産を拡大するための組織である。とりわけ、法人経営、大型農家など農業を生業とする担い手経営体の期待に応える事業改革が喫緊の課題である。彼らの緊張感とスピード感にJA役職員がついていけているか。


 農家組合員の所得向上を起点とした生活向上はもちろんのこと、地域住民への新鮮な農産物の提供、総合事業利用、子供達の教育や高齢者ケアを通じた安心して暮らせる地域社会づくりへの貢献。協同組合を通じた豊かな地域社会づくりは、産業組合以来営々と続く、地域に根ざした協同組合としてのJAの使命である。政府による農協改革が営農経済事業への特化を求めようとも、JAはJAである。協同組合の大事は組合員のみが決めることができるのである。協同組合としての組合員民主主義が本当に実践されているか。


 JA自己改革は、協同組合としてのJA組合員・役職員の真剣な話し合いと合意形成に基づく、農を起点として豊かな地域社会づくりのための協同事業、協同活動そのものである。組合員と役職員が共に考え、汗をかき、組合員の願いに応える新たな取り組みに知恵を絞り、努力を重ねていくことに尽きる。組合員、役職員の間で本当に血の通った対話ができているか、職員の請負主義でない組合員同士の協同活動ができているか。


 一方で、JAをとりまく経営環境を正確に認識する必要がある。マイナス金利による信用事業の長期的な収益低迷、情報技術革命の進展に対応したビジネスモデル見直し、公認会計士監査にむけた内部管理態勢の強化、さらには、労働力不足に対応した新規採用職員確保、パート・非正規職員・高年齢スタッフの戦力化、農業・農村への民間企業の参入と競争激化など、JA経営をめぐる厳しい経営環境が長く続くことが明らかになっている。


 こうした中で、今日のJAの使命と健全経営を同時に実現していくことが、JA経営者のミッションである。決して悲観することはない。これまでの経験と全国の仲間との真剣な議論の中から、その道筋は見えてくるはずである。世の中すべての組織が時代の大きな変化に直面し、競っているのが今日である。経営者としての手腕の見せどころではないか。


 前回第28回研究会は、都市近郊JA、中山間地域JAの実践を素材として、経営者同士の議論を行った。今回第29回研究会は、農協改革に最も危機感を有する都市地域JA、純農村地域で担い手経営体と向き合うJAの実践の中から、これからのJA経営について、経営者同士の議論を深めていきたい。もちろん、組合員・役職員の人材育成はその大きなテーマである。

 ここで感じて、確信したことが、政府による農協改革、JA自己改革への皆様の答えである。参加者が主体的に議論に参加し、一歩でも近づいていただけるようほんの少しの介添えをするのが今次研究会の本旨である。

 会員の皆様の積極的な参加を切望する次第である。

平成29年12月12日
JA人づくり研究会
代表 今村奈良臣


4.参加対象

 JA・連合会・中央会等の常勤役員。なお、JA・連合会・中央会の職員はオブザーバーとして参加できる。
(誠に恐縮ですが、会場の都合により定員50名とさせていただきます。定員をオーバーした場合は、常勤役員の方のご参加を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください)。


5.参加申し込み、参加費

 参加申し込みは、別紙により1月12日(金)までに、事務局まで申し込み下さい。参加費は会員1万5千円、会員外2万円です(宿泊は各自でご手配ください)。なお、1団体で複数参加する場合(オブザーバーも含む)は、2人目から1万円です。参加費については「第29回JA人づくり研究会参加費」と明記し、下記口座に当日1月18日(木)までに振り込んでください。


 振込口座: 農林中央金庫 本店 普通預金
 口座番号: 5542760 JA人づくり研究会


6.入会について

 入会にあたっては、参加申込書の上段にある入会申込書に記入の上、FAXまたはメールにて送付ください。入会すると研究会の参加費の割引、研究会の開催案内および「人づくり通信」の送付の特典があります。
 なお、「JA人づくり研究会会費」は、入会時のみに次の金額を前記の口座に振り込んでください。


 普通会員:JA・連合会・中央会の常勤役員、参事 2万円


 特別会員:それ以外の個人(大学教員・研究者・JAのOBなど) 5千円



参加申込書はこちら
 [Wordファイル][PDFファイル

第29回JA人づくり研究会プログラム

日 時: 平成30年1月18日(木) 10:30〜17:30
場 所: 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 27階 大会議室
研究テーマ: 「真のJA自己改革にむけたJA経営の今後のあり方を探る」

10:00 受付
10:30 平成29年度臨時総会
「平成29年度予算の見直しについて」
11:00 開会・挨拶 JA人づくり研究会 副代表 黒澤 賢治
11:10 前回研究会の報告 研究会事務局
11:20
課題提起
「現場の動きからみえてくるJA自己改革をめぐる諸課題」 
JA人づくり研究会 副代表 仲野 隆三
11:40
現場レポート
「JA自己改革にむけた取り組み実態と課題」
JC総研 主任研究委員 西井 賢悟
12:20 昼食・休憩
13:00
実践報告1(報告50分、質疑10分)
「農協改革、JA経営をめぐる状況認識とJA自己改革の実践と課題、今後の対応方向」
−都市地域JAからの報告−
JA福岡市 専務理事 宗 欣孝
14:00 休憩
14:10
実践報告2(報告50分、質疑10分)
「農協改革、JA経営をめぐる状況認識とJA自己改革の実践と課題、今後の対応方向」
−純農村地域JAからの報告−
JAみっかび 代表理事組合長 後藤 善一
15:10 休憩
15:30
総合討議
「真のJA自己改革にむけた JA経営の今後のあり方を探る」
コーディネーター JC総研 主任研究員 西井 賢悟
17:00 閉会・挨拶
JA人づくり研究会 代表 今村 奈良臣
17:30 情報交流会
19:00 終了


Copyright © JA人づくり研究会