JA人づくり研究会

トップページ > お知らせ > JA人づくり研究会 平成30年度総会・第30回研究会 開催要領

お知らせ

JA人づくり研究会 平成30年度総会・第30回研究会 開催要領

2018.03.08

 

1.開催日
平成30年5月16日(水)午前10時半〜午後6時半

2.開催場所
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 36階 大会議室


3.テーマ及び趣旨
「JAとして准組合員をめぐる諸問題に正面から向き合い、これまでの取り組みを総括し、今後の取り組みを考える」

 農協改革、農協法改正において准組合員の事業利用規制問題が提起され、JAの経営問題のみならず、協同組合として准組合員の位置づけ、JA運営への参加、農業振興や地域の協同活動への参加、協同組合としての組織の性格、農協法制度のあり方など、JAの事業・組織・運営・経営のあり方に関して根本的な問題を突きつけられている状況にある。


 各JAにおいては、アクティブメンバーシップへの取り組み、地域農業の応援団としての准組合員の利用・参加など様々な取り組みを講じているところであるが、正組合員と准組合員との関係性、共益権問題、出資や財産の帰属問題等について、十分な検討と対策が打ち出せていない状況にあり、現在の取り組みも経過的な対応の域をでないという指摘もなされている。


 改正農協法における5年後条項をふまえ、国においてはJA自己改革との進捗との関係で准組合員の利用規制のあり方を検討するといった姿勢やJAグループ自らが制度のあり方を提案すべきとの提起もなされる中で、この問題への対応が喫緊の課題となっているが、准組合員をめぐる問題については、これまで避けてきた様々な問題に正面から向き合い、今後の対策を考えていかなければ解決策は見出し得ないものと考える。


 30年度はJA大会の年であり、各JAにおいては、現下の情勢をふまえ、今後の5年、10年のJAのあり方を探る重要な年である。ついては、この問題について真剣に考え、先駆的な取り組みを展開するJAの報告をもとに、本研究会の会員であるJA常勤役員において、タブーを排した腹をわった議論の中から、この問題に関する今後の対応方策について考えてみたい。


4.参加対象

 JA・連合会・中央会の常勤役員。なお、JA・連合会・中央会の職員はオブザーバーとして参加できる。
(誠に恐縮ですが、会場の都合により定員50名とさせていただきます。定員をオーバーした場合は、常勤役員の方のご参加を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください)。


5.参加費及び地域産品の持ち寄り

 (1)参加費および申し込み
 参加費は会員1万5千円、会員外2万円とする(宿泊は各自でご手配ください)。なお、1団体で複数参加する場合(オブザーバーも含む)は、2人目から1万円とする。参加費については「第30回研究会参加費」と明記し、下記口座に当日5月16日(水)までに振り込んでください。なお、参加のお申し込みは、5月9日(水)までにお願いします。


 振込口座: 農林中央金庫 本店 普通預金
 口座番号: 5542760 JA人づくり研究会


 (2)地域産品の持ち寄り
 当日の交流・名刺交換会において、参加者のJA・地域産品を持ち寄っていただき、紹介等をいただきたいと存じます。つきましては、50名程度が少しずつ食せる程度で結構ですので、地域産品の持ち寄りをいただきたくよろしくお願いします。


6.入会について

 入会にあたっては、入会申込書をFAXまたはメールにて送付ください。なお、「JA人づくり研究会会費」は次の金額を入会時のみに、前記の口座に振り込んでください。


 普通会員:JA・連合会・中央会の常勤役員、参事 2万円


 特別会員:それ以外の個人(大学教員・研究者・JAのOBなど) 5千円



参加申込書はこちら
 [ Wordファイル][PDFファイル

第30回JA人づくり研究会プログラム

日 時: 平成30年5月16日(水) 10:30〜18:30
場 所: 東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル 36階 大会議室
研究テーマ: 「JAとして准組合員をめぐる諸問題に正面から向き合い、これまでの取り組みを総括し、今後の取り組みを考える」

10:00 受付
10:30 平成30年度総会(総会終了後研究会)
11:05 開会・挨拶
11:10 課題提起  研究会副代表 仲野隆三
資料はこちら(PDF)
11:30
現場レポート
「准組合員をめぐる諸論点とJA現場の取り組み」
広島大学 助教 小林 元 氏
資料はこちら(PDF)
12:20 昼食・休憩
13:00
実践報告
「准組合員をめぐる問題認識とJAにおける実践的取り組み」
その1 神奈川県JAはだの 専務理事 宮永 均 氏
    都市近郊地帯のJAの実践報告
資料はこちら(PDF)
資料はこちら(PDF)
その2 JA京都にのくに 専務理事 迫沼満寿 氏
    中山間農業地帯のJAの実践報告
資料はこちら(PDF)
15:15 休憩
15:30
総合討議 コーディネーター 広島大学 助教 小林 元 氏
「JAとして准組合員をめぐる諸問題に正面から向き合い、これまでの取り組みを総括し、今後の取り組みを考える」
17:00 閉会・挨拶
17:05 交流・名刺交換会
18:30 終了


Copyright © JA人づくり研究会